2017年05月07日

何にも変わっていないようですが…



何にも変わっていないようですが…





VSR-10 PRO SNIPER

LOVEPythonのプライベートシューティングレンジ(6m…笑)ではすでに充分すぎる性能です。
電動ガンと違ってとっても軽いし手を入れる必要がありません。

じゃあ、これやってみよう!

ということでフロントサイトを取り外します。



両面テープで固定されているだけですので、すぐに取り外すことが出来ました。
サイトの材質はとっても軽いので樹脂製と思われます。
軽量化のために取り外したのではありません。

LOVEPythonは長物はすべてガンラックに縦置きしているのですが、ホコリがインナーバレルに入るとイヤなのでホームセンターで購入した椅子の脚にかぶせるキズ防止のカバーを利用してアウターバレルにかぶせています。

ところがVSR-10はその取り外しがフロントサイトに引っかかってやりづらい(汗)

今までは仕方ないと思いながら運用していましたが、目からウロコです。
サイトそのものを取り外せばいいって(笑)




写真では気がつかない程度の変更ですが、これはこれで改良といえるのではないでしょうか。






最後までご覧頂きありがとうございました。     


Posted by LOVE Python at 00:21Comments(2)VSR-10 PRO SNIPER

2015年04月16日

ボルトハンドル交換

手元にあるボルトアクションエアーライフルの中で、ボルトハンドルの操作性の悪いものがこの「VSR-10 プロスナイパーバージョン」でした。
ハンドルを上げると短いにもかかわらずライフルスコープギリギリでボルトを手前に引きにくいのです(汗)





「APS SR-2」も「TYPE96 senior」もこの点は「VSR-10 プロスナイパーバージョン」より良いですね。

で、LayLaxのボルトハンドルが到着しましたので交換してみました。




これは正解です!
長くて持ちやすく、ハンドルを跳ね上げてもライフルスコープに近づくこともなく手前に引きやすくなりました(笑)
ボルトの前後のスムーズさは上記2機種より断然上ですので、これで大満足です。

大満足ですが高いパーツですね。
このパーツ2個分で「TYPE96 senior」の新品が買えちゃうんですよ(汗)

前回「APS-3」のブログでナメられた「VSR-10 プロスナイパーバージョン」ですが、久しぶりにBB弾を撃ってみました。
やはりライフルスコープのせいなのでしょうか、6mにて2cmなら30発パーフェクトです。
不要だなんていわせない(笑)汚名返上ですね!





「VSR-10 プロスナイパーバージョン」は当分このスタイルで運用していきたいと思います。


最後までご覧頂きありがとうございました。   


Posted by LOVE Python at 06:36Comments(0)VSR-10 PRO SNIPER

2015年03月18日

ボルトアクションの楽しみ

長物で、安定した出力で、軽量で、エコで、高性能、安価とくれば、エアコッキングのボルトアクションがイチオシですよね。





LOVEPythonもいろいろ試してみましたが、現在は3挺が手元に残っております。
その中でも一番気に入っているのがこの「VSR-10 プロスナイパーバージョン」です。





VSR-10もいろいろバリエーションがあるのですが、インナーバレルの長さがGスペックより127mm長いというところが魅力でした。
当然、「精密真鍮バレル&新型チャンバーセット」に中身を換装しております。





射撃時の振動や音も極限までおさえられているプロスナイパーバージョンはとってもターゲットに集中できますよ!





「VSR-10用マウントベース」も装着しておりますのでライフルスコープで楽しめます。
最近、「プロスコープ ズーム(3~9倍)」から「ANS Optical 3-9x40AOE フロントフォーカス ライフルスコープ」に変更しております。
現在「DEVGRU」装着分に続き2本目として購入したもので6mでも9倍時でピンポイントを正確に狙えるのが魅力です。  


Posted by LOVE Python at 08:13Comments(0)VSR-10 PRO SNIPER